迫力も感じたし、なにか訴えてくるものもあったし。 ま、自分のよく使う言葉でいうと「カッコいい」んですね。 もう・・・