練馬区で相続税対策をするならココがおすすめ

相続に関する相談で一番多いのが相続税の対策です。

節税ですね。

練馬区で相続税の節税を行う為にどのような点に気をつけて、相続手続きを行えば良いでしょうか?

練馬区で不動産や土地の相続対策におすすめの税理士事務所はこちら

練馬区での相続相談おすすめランキング1位
amiel

相続対策専門の税理士に相談してみる

練馬区での相続相談おすすめランキング2位

united

相続対策専門の税理士に相談してみる

相続税ってどのくらいかかるの?

残された財産に掛けられるのが相続税。

被相続人が無くなって10ヶ月以内に支払わなくてはいけません。

練馬区でも同じです。たくさん相続するとたくさん払わなくてはいけません。

相続財産の確定

受け継ぐ現金や預金それに不動産があれば、それを評価し数字にして合計します。

この数字が相続税がかかるかどうかの基準になります。

この金額によっては相続税が掛からない場合も出てきます。

基礎空除

相続の確定で遺産総額が出たら、相続税がかかるかどうかわかります。

基礎控除として、遺産総額が3,000万円+法定相続人X 600万円が基礎控除額になります。

この数字よりも遺産総額が低ければ相続税はかかりません。

基礎空除額の算出

配偶者と子供2人が相続人の場合

3,000万円+法定相続人3人x 600万円=4,800万円

相続税は遺産総額、法定相続人の人数、相続税の対象となる金額に掛かる税率によって収めなくてはいけない相続税額が変わってきます。

練馬区で相続税対策、中心となる3つの方法

相続税はある一定以上の遺産総額がある人達が支払います。

相続税対策は出来るだけ相続税を払わないで済むように、生前に行う物です。

相続税対策には大まかに3つの方法があります。

相続の対策、相続税の対策、そして納税資金の対策です。

相続対策 遺産を分割または減らす物

遺言書

遺産分割の争いを避けるものです。

遺言は誰に何をいくら相続させるかを記録する物です。

練馬区以外に住んでいる人にも渡せます。

法的相続人以外の人を追加する事も可能です。

相続人が増える事で、相続税に関わってくる基礎控除額を上げる事が可能です。

生前贈与

遺言は被相続人が亡くなった後に分けられる物です。

生前贈与は被相続人が生きているうちに財産分与する物です。

遺産として渡す分を前払いで贈与する物で、毎年ある一定の税金が掛からない金額を贈与して節税する人が多くいます。

相続税対策 3つ方法があります。

生前贈与 相続財産を減らします。

年間110万円までは贈与税が掛かりません。

また住宅資金や教育資金の援助と言う形であれば、特例が認められ数百万円から数千万円までの金額を非課税で贈与する事が可能です。

遺産として相続する金額が少なくなり、遺産総額を押さえ節税する事が可能です。

不動産の購入 相続財産の評価価格を下げる

現金や預貯金と言う形で遺産を残すと、そのままの金額で評価されます。

土地や建物と言う不動産で遺産を残す場合、実際の市場価格の7割から8割で評価されます。

これによって相続財産の評価価格を下げ、相続税を節約する事が出来ます。

生命保険への加入、養子縁組 基礎空除額を上げる

相続税の基礎控除額は、相続する人数が多ければ多いほど高くなります。

相続人の資格が無い人たちでも、養子縁組を行う事で相続する人数を増やし節税する事が可能です。

また生命保険に加入し、保険金を相続した場合基礎空除額と別に500万円 x 相続人数の空除が受けられます。

預貯金と言う形ではなく、終身保険に加入、死亡時に保険金として受け取ることで節税が可能です。

このような形で相続税を節約する事が出来ます。

相続税納税資金対策

相続税の納税には現金だ出なく、延納や物納も認められています。

しかしいずれにしても支払わなければいけないものです。

生命保険の加入

生命保険で受け取ったお金を相続税の支払いに回すことが出来ます。

資産の売却

不動産などの資産を手放す事で得たお金を納税に回すことが出来ます。

 

相続豆知識

生前贈与の種類

被相続人が生前に相続する人に対して、生前にお金を贈与する事です。色々な形の物があり、非課税になる限度額が決まっています。

配偶者控除 婚姻期間20年以上、住居用不動産の贈与に対して最高2,000万円まで非課税。

住宅資金の特例 20歳以上の直系の子供、孫に対し住宅習得資金として最高1,200万円まで非課税

教育資金の特例 30歳未満の子供、孫へ教育資金として最高1,500万円まで非課税

結婚子育て資金の特例 20歳から50歳までの子供、孫に対し結婚子育て資金として最高1,000万円まで非課税

普通の贈与 年間110万円までは非課税。

生前贈与をおこなうことで、遺産総額下げ、結果的に相続税を抑える事が出来ます。

練馬区で相続税対策、信頼が置けるところの選び方?

練馬区での相続税対策は司法書士、税理士それに弁護士とどこでも行っています。

税に関する専門家は税理士です。

常に相続税だけでなく、さまざまな税に関する最新情報を持っています。

インターネットではメールによる無料相談もあります。

相続税対策に長けた所は相続を専門に扱っている所です。

  • 何人くらいの税理士がいるのか?
  • 相続人全員に相続の手続き、節税の根拠を説明くれるか?
  • 不動産の評価に関して現場まで調査に行く事が出来るのか?
  • 相続税申告は毎年何件やっているのか?
  • 税務調査にも対応できるのか?
  • 料金はどのくらいか?(相続財産の0.5-1%の幅と言われています。)
  • 他の税理士にセカンドオピニオンを聞いても良いか?

このような質問にどのように答えてくれるかで、その事務所がどのくらい相続手続き、相続税対策に強いかを見ることが出来ます。

出来るだけ相続税を払いたくないのは当たり前。できれば生前から税理士事務所に相談するのが一番です。練馬区でどこの税理士に頼もうか悩んでいるようでしたら、下記どちらかがお勧めです。

練馬区で不動産や土地の相続対策におすすめの税理士事務所はこちら

練馬区での相続相談おすすめランキング1位
amiel

相続対策専門の税理士に相談してみる

練馬区での相続相談おすすめランキング2位

united

相続対策専門の税理士に相談してみる

私も無料相談に行ってきました。前もって出来る節税を行うつもりです。折角の財産、子どもに残したいですからね。

  • 練馬区 相続相談 弁護士
  • 練馬区 相続相談 評判
  • 練馬区 相続相談 司法書士
  • 練馬区 相続相談 口コミ